投資マンションを選ぶ基準|成功するために

保証人がいなくても安心

住宅模型

家賃債務保証とは借主が部屋を借りる際に、家賃保証会社に保証料を支払い会社が連帯保証人の代わりになる仕組みのことです。家賃の滞納があったときに、家賃保証会社が借主の代わりに滞納した家賃を代わりに貸主に代位弁済します。近年核家族化が進み、また高齢者の単身世帯、在留外国人も増加し部屋を借りるときに保証人を見つけることが困難な方が増えています。家賃保証会社はこの世の中の流れを受けて急速に増加しています。家賃債務保証には借主と貸主の両者にメリットがあります。家賃債務保証は借主にとって非常に有用な仕組みです。通常賃貸住宅の部屋を借りる場合には、連帯保証人が必要です。これでは連帯保証人を見つけられない人は部屋を借りれないことになってしまいます。ですが、借主は部屋を借りる際に連帯保証人を見つけられなかったとしても、家賃保証会社と契約を結び連帯保証人になってもらうことで部屋を借りることができるようになります。対する、賃貸物件の部屋を貸すことになる大家さんの側にもメリットがあります。家賃債務保証では家賃の滞納があったときは、家賃債務保証会社が借主の代わりに滞納のある家賃を支払ってくれるので、毎月家賃を安定して回収できるようになります。また、貸主は家賃の保証があるので、連帯保証人を見つけることができなかった人にも部屋を貸すことが可能になります。このように家賃債務保証は、借主だけではなく貸主にとっても利益をもたらす仕組みです。