投資マンションを選ぶ基準|成功するために

実物資産で始める投資

投資用マンションを購入する事で、将来的に継続的な家賃収入を見込む事が出来る投資方法です。実際の運用や管理はすべて外注先に任せる事も可能なため、ご自身で運用しても良いですし、副業としてマンション経営をするのも良いでしょう。

保証人がいなくても安心

住宅模型

賃貸契約をするときには、連帯保証人が必要ですが、見つからないこともあります。しかし、家賃債務保証があることで、万が一家賃を滞納したときには代わりに支払ってくれるため大家さんも安心して貸すことができるでしょう。

プロの投資のテクニック

紳士

プロの投資家が収益物件を買うときに注目するのは、都市部の駅前で売却時の流動性も高い、一棟売りのアパートやマンションです。建物が古くてもリニューアル工事をして稼働率を高めることで、不動産価格が上昇したときには、良い条件で売却できるでしょう。

投資用マンションの探し方

集合住宅

マンション選定のポイント

東京で投資マンションを探すならば、2つのポイントを抑える必要があります。まず家賃利回りの高いエリアを探すこと、もうひとつは資産価値が高い場所を選ぶことです。前者は長期間保有する前提で投資マンションを購入するケースとなります。東京は地価が上昇していることから、相対的に家賃利回りは低下傾向にあります。その中でも収益性の高いエリアは存在するので、探す必要があるというわけです。例えば都心部から離れたエリアなら地価も安く、さらに中古の投資マンションなら安く購入できます。それに対して都心への足回りが良ければ、賃貸需要も高くなります。そのために家賃単価はそれほど下がらなくなります。このようなエリアは東京でも見つけることができるので、安定収入として保有するメリットは大きいわけです。それに対して資産価値の高いエリアとなるのは、再開発が入るような利便性の高まる地域です。このようなエリアで新築の投資マンションを購入することで、値上がりも期待できます。家賃単価も高い上に需要も多いことから、投資物件としては非常に魅力があるものとなります。どちらかと言えば短期間での売却により利益を得る目的で購入することになります。また投資用としてだけではなく、居住用としての魅力を持つことも大事な要素となります。というのも保有を続けると、家賃単価の下落幅が大きいために収益性が減少するからです。東京は再開発が多いので、このような物件も見つけることかできます。